@

■ 会社概要
名称
大同硝子興業株式会社
代表者名
鈴木 健史
所在地
〒530-0047  大阪府大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂ビル内
TEL
06-6363-2261
FAX
06-6365-8907
通常営業
9:00〜17:30
定休日
日・祝・会社の定めた休日
資本金
90,000千円
年商
1,200,000千円
従業員
80人
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 梅田新道支店
歴史・沿革
昭和 20年   創業。医薬、化学薬品用硝子容器、器具の販売を開始する。
昭和 29年   日東紡績、パラマウント硝子のグラスウール、ロックウール断熱材他、各種新建材の販売を開始。
昭和 30年   第一工業製薬(株)の要請に応えアルコL洗剤用のプラスチック製容器の第一号を提供、容器革命の先鞭をつけた。
昭和 34年   三井石油、三井化学(現 三井東圧)の指導、協力のもと大阪市東区茨田町に城東工場を設立、中空成形を開始。
昭和 42年   日本ポリケミカル(現 トーソ株式会社に合併)と兼松江商(株)の指導、協力を得て守口工場を新設し全自動大型ブロー成形機を導入、中空成形の大型生産化と射出成形の充実強化を図り、KNワンウェイボックス(18、20L)の成形を始め大型消費時代に先駆けて流通合理化のキャンペーンを開始。
城東工場の設備を守口工場に移設、城東工場は照明器具の製造専門工場として新発足した。
昭和 48年   (社)全日本プラスチック成形工業連合会主催の第6回優秀成形品コンクールにおいて、ホテル、ビル、集会所、大型量販店むけ、照明リングパネルが優秀品と認められ、大阪通産局長賞を受賞する。
昭和 54年   京都府久御山町に京都工場を建設、環境設備の充実化とともに、品質、生産性の向上を図り、守口工場の設備を移設整備し、55年正月稼動にはいる。
平成 4年   大阪中小企業投資育成株式会社より投資を受け、資本金9,000万円とする。
平成 6年   京都第2工場建設、品質管理、コストダウンの推進を図り、併せて人材育成と機動力の増強を進める。
トップb 会社概要b サービス紹介b
Copy right 2006(C) JCN .co.,ltd all rights reserved.